衝撃!やるよりやらない方が疲れる!

 

どうも、女性に費やす時間やお金を、自分の時間に使いたいと思い恋愛から逃げていた仲野です。
どうせオレに彼女ができる訳がないと思い現実逃避です。

 

恋愛を諦め自分の趣味に没頭して、自分の時間を充実させようとしてました。

でもふとした瞬間に

  • 「これは本当に幸せなのか?」
  • 「男として本当に幸せなのか?」

と脳内にモヤモヤが現れます。

 

このモヤモヤは月に何回も現れ、いつも憂鬱な気持ちにさせます。
心のどこかでずっと「女性とデートしたい」「旅行に行きたい」と思っていたのです。

 

そしてこの頃にある一つの考え方に出会います。

それが、やるよりやらない方が疲れるという考え方です。

詳しくみていきます。

 

やるよりやらない方が疲れる

仲野もこの考え方を知った時は「え?!どういうこと?」と天地がひっくり返るほどの衝撃を受けました。

 

普通に考えたら、
「やらないでいるよりやった方が疲れるじゃん!」
こう思いますよね。

 

しかし現実世界では、やるよりやらない方が疲れるのです。
もしやらないという選択を選んだ場合、タスクが脳にどんどん溜まっていくからです。

 

例えば、

  • 彼女が欲しいと思ってるけど、今は仕事や趣味で時間がないと言い訳をして逃げている。
  • 資格を取ろうと決断し勉強をしようと思ったけど、来週からでいいやと先延ばしにしてしまう。
  • 掃除しなきゃいけないけど、明日でいいやとやらない選択をとる。

 

このように、やらないという選択をとることで、脳の片隅に知らず知らずのうちにどんどんタスクが溜まっていきます。

 

そして一番疲れるのが、「あれやろうかな」「これやろうかな」と悩んだり、考えてる時間です。

 

これこそが見逃している事実です。
仲野も気付いていませんでした。

 

彼女欲しいなと心の奥底で思っていながらもずっと現実逃避です。

 

  • 「彼女欲しいな。でもどうせオレなんて好かれないから行動するだけ無駄かな~」
  • 「勉強しなきゃ。でも明日からでいいかな~」
  • 「掃除しなきゃ。でも来週にしようかな~」

 

このように悩んている、考えてる時間こそが脳にとても負担がかかります。
めちゃくちゃ疲れるということです。

 

さらに厄介なことに、もしやらない選択をとると数日後にまた同じように

  • 「あれやろうかな~」
  • 「これやろうかな~」

と考える時間がやってきます。

 

そうです、一番脳に負担がかかる時間です。
あなたもこの罠にはまっていませんか?

 

このように、今やらないという選択をとることでタスクが脳に溜まり、結果どんどん疲れていくのです。

 

反対に今やるという選択をとると、最初の一歩こそ負担がかかりますが、やり終えるとスッキリするものです。

 

勉強も、筋トレも、掃除も何でもやり終えると開放的な気分になりますよね。
「昨日やらなかったから今日はやらなきゃ」など余計なことを考える時間もなくなります。脳にタスクも溜まりません。

 

やるよりやらない方が疲れる。
この考え方を身に付ければあなたの成長速度もぐっと上がりますよ。

 

「やろうかな」「気になるな」と思ってしまった瞬間にやってしまうのです。

 

仲野はこの考え方を身に付けてからは「どうしようかな」と躊躇していた当時流行っていた街コンに参加することができましたし、気になっていた恋愛情報を購入したりと、やってしまうという選択をとれるようになりました。

 

最初のハードルを小さくする

しかしながら、頭では後回しにすることは良くないと思っていても、いざ行動に移そうと思うとできない。わかっているけどできない。

 

こうなることもあると思います。
人間の心は弱いものです。できないのは、あなただけではありません。

 

そこですぐに行動に移すためのコツがあります。
それが、最初のハードルをめちゃくちゃ小さくするということです。

 

  • 恋愛したいなと思ったら、マッチングアプリに登録だけしてみる。
  • 勉強しないといけないなと思ったら、まずは1ページだけ読んでみる。
  • 筋トレなら腹筋1回だけしてみる。
  • 掃除なら掃除機を持ってみる。

 

最初の一歩を小さく小さくすることが大切です。

 

そして人間には作業興奮という性質があります。
やっているうちに興奮してきてもう少し続けようと思うのです。

 

  • マッチングアプリに登録したからには、いいねを送ってみる。
  • 1ページ読むつもりが気付いたら2ページ読んでいる。
  • 腹筋を1回したら、もう少しできるなと思い気付いたら2回、3回とやっている。
  • 掃除機を持ったからには電源をつけようかな。電源をつけたからちょっと掃除しようかな。

 

最初から彼女作ろうとか、10ページやろうとか、腹筋100回やろうとか、1時間掃除しようと思うから大変になります。

 

女性と接点を持つだけ、1ページだけ、1回だけ、1分だけでいいのです。
やり始めたら意外と続いてしまうものです。

 

最初のハードルを小さくして、「やろうかな」と感じた瞬間にやってしまう。
やるよりやらない方が疲れるという事実を知ったあなたなら行動に移すことも可能なはずです。

 

何事も最初の一歩は小さくて大丈夫です。
その積み重ねが大切です。

 

彼女を作るための行動も焦らず一歩ずつ前に進んで行きましょうね。
では、今回も最後までありがとうございました。

 

TOPに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事