初デート後にライン来ない。その女性とはどうする?

 

どうも、非モテ男時代はマッチングアプリで出会った女性との初デート後、

解散したあとすぐに
「今日はありがとう!すごく楽しかったよ!気を付けて帰ってね!」
とすぐにLINEをしていた仲野です。

 

これってどう思いますか?女性を落とすうえで正しい戦略と言えるでしょうか?
当時の仲野は甘かった。。。

 

これは女性があなたのことを好きな状態、もしくは恋人の関係であれば良いですが、そうではなく、女性があなたのことをまだ好きではない状態、ただ少し興味がある状態では、かなりもったいない行動です。

 

なぜなら、この“今日はありがとう!LINE”は男性が先に送るのではなく、先に女性に送ってもらう方が、今後女性を落とす確率が大幅に上がるからです。

 

デートをした後のお礼LINEは、あなたから送る必要はないのです。

 

解説していきます。

 

そもそも女性を落とすには・・・

恋愛は相手の感情をいかに揺らすかに掛かっています。

「あの人は今何しているのだろう?」

「私のことどう思っているのだろう?」

「楽しそうだったのに、なんで連絡がこないのだろう?」

 

このように相手のことを考える時間が増え、不安になればなるほど、相手のことが気になってしまいます。
気になる=感情が揺れてる=好意が徐々に上がっているということです。
感情が揺れなければ相手を好きになることもありせん。

 

デート後は特に

  • 「今日は楽しかったかな?」
  • 「相手は自分のことをどう思っているのだろう?」

と不安になりますよね。

 

この時すぐに相手から“今日はありがとう!LINE”が来ると
「あ、今日楽しかったんだ!」と安心します。

 

反対に、デートの後に何の音沙汰もないと
「何かしちゃったかな?」「楽しくなかったのかな?」
と思ってしまいます。

 

つまり、相手のことを考える、不安になる時間がどんどん増えていきます。
そして考えてしまうことで、相手の存在がどんどん大きくなっていくのです。

 

紳士的な男性を装い

  • 「無事に家に着いたかな?」
  • 「遅くなっちゃったし、帰り道気を付けてね!」

とわざわざ送る必要はありません。

 

これは多くの男性がやっていることで、受け取った女性も特に大きく感情は動きません。

 

女性に

  • 「あれ?!今日は楽しくなかったのかな?」
  • 「私何かしちゃったかな?」

と、あなたのことを考えてもらうためにも、“今日ありがとうLINE”はあなたから送るのはやめましょう。

 

デート後のお礼LINEは女性から来るのを待つ

ただ、あなたがデート中に女性に何かアクションを起こさなければ、女性からお礼の連絡がくることはまずありません。女性は基本的に受け身ですからね。

 

ですから、先にお礼ラインをもらうためにも、デート中にあなたが女性にまずは何かを与えなければいけません。

 

会話で楽しませたり、デートを盛り上げたり、女性を褒めて喜ばせたり。
女性に「今日は楽しかった!ありがとう!」と素直に思ってもらうことです。

 

楽しんでもらうことができたのであれば、あなたに対する好意があがり連絡もくれるでしょう。

 

ただ、これってハードルがめちゃくちゃ高いですよね。
最初からここを目指すのは難しいと思います。

 

そこで一番簡単な方法が、デート代の支払いです。
金銭的なダメージはありますが、本当に付き合いたいと思う女性なのであれば、あなたが負担しましょう。必要経費です。

 

黙って全部支払うことです。
するとどうなるか。

「今日はご馳走でした。楽しかったよ!」など先に女性からLINEをしてくれるでしょう。

 

一般常識がある女性なら奢ってもらった後は、お礼の連絡を入れるのが普通です。

 

そしてここが大切なことです。
先に女性に連絡をしてもらうことで、何となく女性があなたを追いかける立場になるきっかけになります。
これまではあなたから連絡をとったり、デートに誘ったりと、あなたが追う立場だったのが、初デート後から立場が逆転するキッカケになるのです。

 

基本的に女性は自分より魅力的な“上”の存在の人に好意を持ちます。
反対に、自分より“下”の存在だと感じると好意は持ちません。

 

つまり、初デート後、女性から先にLINEをさせる流れというのは、何となく女性が追いかける“あなたが上”のような感じになり、今後の2人の関係性に影響を与えるのです。

 

初デート後にライン来ない。その女性とはもう関わらない。

デート代を割り勘にして、デートで女性を楽しませることができなければ、あなたから“今日はありがとう!LINE”をしてもいいでしょう。(落とせる確率は劇的に下がりますが。)

 

ただ、デート代をあなたが支払ったのであれば、あなたから送る必要はありません。
いくら奢られ慣れてたり、天然な子であったとしても、お礼を言うのは当たり前のことです。

 

もし女性からお礼LINEが来ないのであれば、その女性は残念ながら一般常識がないですし、人として問題があると言わざるを得ません。

 

今後上手くいって付き合えたとしても、一般常識のない地雷女性に振り回される可能性が高いだけです。
あなたがデート代を支払ったにも関わらず、お礼LINEが来ない女性とは関わらない方がいいでしょう。
品があって素敵な女性はいくらでもいます。

 

ちなみに、あなたがデート代を支払ったにも関わらず、あなたから“今日はありがとう!LINE”を送るのは最悪ですよ。

 

あなたの好意が女性に伝わって、あなたが追っている感じが出てしまうからです。
余裕のなさが溢れ出て“下”の存在と認識されてしまうのです。

 

なので、デート後あなたからLINEを送るのは良くありません。
そして女性から先にLINEが返ってきたとしても、喜んですぐに返してはいけません。

 

あなたに対する好意が低い段階で女性に
「あー私のことが好きなんだなあ」
と思われてはいけません。

 

そうではなく、

  • 「あれ?!楽しそうにしてたのにどうしたのだろう?」
  • 「あの言葉の意味はなんだったんだろう?」
  • 「私何かしちゃったかな?」

と女性にあなたのことを考えてもらう時間を作るのです。

 

この時間があることで、恋愛感情が生まれるきっかけになり、あなたに対する好意も上がるのです。
返事をするのは寝る直前、もしくは翌朝で十分です。

 

ただし、あなたに対する女性の好意が明らかに高い場合はすぐに返信してくださいね。
あえてこんなテクニックを使う必要はありません。

 

デート中に次のデートの約束をしておく

デート中にやっておかなければならない重要なことの一つが、デート中に次のデートの約束をしておくということです。

 

デート中に次の約束をしておけば、

  • 「土日で空いている日あるかな?」
  • 「来月まで期間限定のカフェやっているから一緒にどうかな?」

など、後日改めてLINEでデートに誘ったり、日程調整したりと、必死にアポを取ろうとする必要はなくなります。

 

また、次の約束ができていれば「今日は焼肉を食べた!」だの「今日はランニングしてきた!」だの不必要な日記LINEをしなくて済みます。

 

必死になって連絡をとろうとせずに、余裕のある言動をとることができるのです。

 

あなたに対する好意が低い段階で、あなたからバンバンLINEを送ってしまう行為は危険なので注意してくださいね。
(参考:まめに連絡することが危険である理由

 

では今回も最後までありがとうございました。

 

TOPに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事