女性にデート後フェードアウトされたら?!また連絡する?

 

どうも、デートで行こうと思っていたレストランにいざ行ってみると、休みだったことがある仲野です。

 

まさかの定休日。

 

大失敗です(;'∀')
完全に準備不足でした。

 

その後何とか似たようなお店を探して食事しましたが、手汗をかくは、会話は途切れるは、頭が真っ白になって意味わからないことを口走るは、全く盛り上がらずにデート終了。

 

結果、その後連絡が取れることもなくフェードアウトされました。ハッハッハ

中身のないデートが得意でした。悲しいなぁ・・・

 

目次
・デート後にフェードアウトされたらどうする?
・デート後にフェードアウトされたということは
・フェードアウトされないために
・まとめ

 

付き合う前のデート後にフェードアウトされたら?!また連絡する?

もしフェードアウトされたら「しばらく放置」しましょう。
すぐに連絡をしてはいけません。

 

返事がこなくて不安になる気持ちも分かりますが、余計なことはしない方がいいです。

 

返事を促すメッセージを送ると、女性はあなたのことが重たいと感じ、ますます距離をとるようになるからです。

 

「返信くれないけど忙しいのかな?」

「お~い!生きてる?w」

「行きたいカフェあるんだけど〇日空いてたりする?」

このような返事を促すメッセージは間違っても送ってはいけません。

 

当時仲野も好きな女性から連絡がないと、意味もなくスタンプを送ったり、「仕事忙しい?」など一方的にメッセージを送っていました。

(もちろん冒頭の定休日デートをした女性にも「レストラン定休日で行けなかったから次こそは!(笑)」「次いつ予定空いてる?」「来週の土曜日とかどう?」「ところで今は何してる?」など次から次へと送信。)

 

こういうことをしていると、女性との心理的距離がどんどん離れていくということを理解していませんでした。
しつこく重い人は嫌われ、余裕のある人はモテるのです。

 

この“重たい”とはどういうことなのかというと、
あなたと女性の間での好意の差が激しいと、女性はあなたのことを重たいと感じます。

 

そしてあなたの好意が女性に伝わり、その好意に女性が応えられないと感じると女性はフェードアウトという選択をとるのです。

 

つまり、

「あなたの好意>>>女性の好意」

この状態は「危険」ということです。
LINEを続けて送るなど、催促することでこの状態に陥りやすくなります。

 

一度でも重いと思われたら致命的です。
重い=しつこくて余裕のない男と認識されるからです。(仲野はまさにこの状態でした。トホホ)

 

返信が来なくて辛い気持ちはわかりますが、もしフェードアウトされてしまったら、ひとまずその女性のことはしばらく放置する。

 

そして放置している間は、会話術やデートプランニングを学ぶなど、あなた自身の内面を磨いたり、他の女性にアプローチするといいでしょう。
自分のレベルを上げるために時間を使うのです。

 

もしどうしても連絡をとりたい場合は3ヶ月以上は間隔をあけてください。
3ヶ月もあけば記憶が風化されるからです。

 

「久しぶり!元気?」これぐらい軽いノリで送れば、よほど嫌われていない限り返事は返ってくるでしょう。

 

返ってこないのであれば潔く諦めて次の出会へと向かうことです。
フェードアウトされた原因を考え次に生かしましょう。

 

デート後にフェードアウトされたということは

デート後フェードアウトされたということは、それまでの行動で何かしらの減点があり、「こいつはないな」と判断されてしまったということです。

 

  • 一緒にいて楽しい男性がタイプなのに、デートを盛り上げることができなかった。
  • 褒めてくれる男性がタイプなのに、デートで女性を褒めなかった。
  • 頼りがいのある男性がタイプなのに、デートで頼りがいのある行動ができてなかった。

 

女性はいちいち何故嫌だったのかは教えてくれません。
フェードアウトが一番楽ですからね。

 

可愛い女性の周りにはいくらでも寄ってくる男性はいるので、あなたに魅力がないとフェードアウトされます。

 

そして、一度この状態になってしまったら復活は困難です。
減点されデートを失敗してしまったという事実がありますからね。

 

減点をされなければ次のデートに繋がるので、付き合うまでのデートではいかに減点されないかが重要です。

 

フェードアウトされないためには

「あなたの好意>>>女性の好意」
この状態を感じさせるとフェードアウトの可能性が高くなるので、

最初の段階から
「あなたの好意≒女性の好意」
となるように装う必要があります。

 

そのため用もないのにLINEを送り過ぎてはいけません。
好意が伝わり過ぎて不利になります。

 

特に文字情報はニュアンスは伝わらないため、対面で言うよりマジっぽい感じが出て重たくなってしまいます。

 

会っている時に冗談っぽく「えりかのそういうとこ好き」と話すのと、
LINEで「えりかのそういうとこ好き」と言うのでは文字情報の方が重たく感じます。

 

たとえ冗談のつもりで言ったとしても、LINEではあなたが思う以上に重たくなってしまうのです。
LINEでは好意を見せず、会っている時に好意をみせる。
これは基本戦略になります。

 

つまり、勝負する時は実際に会っている時間で、会っていない時間にするLINEではありません。

 

実際にデートしている時に軽いスキンシップや「嘘か本当かわからない好意」を伝え、重たくならないように口説いていきます。

 

デートが上手くいけばフェードアウトなんてされません。

 

そもそもモテる男性は、デートで徐々に自分の魅力を女性に与えていくので、会えば会うほど好かれていきます。実際に会うことができればこっちのものです。

 

100回のLINEより1回のデートです。
LINEで好意を上げていくテクニックもありますが、基本的にはLINEはデートするためのツールに過ぎません。

 

デートが失敗したらその後フェードアウトされるのは目に見えているので、そうならないためにも対面力は磨いておきましょう。

(参考:初デートで好感度を上げる会話ネタ!実例を紹介

 

くれぐれも仲野のようにLINEを送りすぎて重たい男にならないように注意してくださいね。

 

まとめ

  • フェードアウトされたらしばらく放置する
  • 放置している間にデート術を身に付けるなど自分のレベルを上げる
  • どうしても諦めきれないのであれば3ヶ月以上は間隔をあける
  • 「あなたの好意>>>女性の好意」この状態は危険
  • 最初の段階から好意レベルは合わせておく
  • LINEでは好意を見せず、会っている時に嘘か本当かわからない好意を伝え口説いていく
  • 100回のLINEより1回のデート
  • デートが成功すればフェードアウトなんてされない

 

PS

恋をすることは苦しむことだ。
苦しみたくないなら恋をしてはいけない。
でもそうすると恋をしていないことでまた苦しむことになる。

~ウディ・アレン~

恋をしても苦しむし、しなくても苦しむ。

 

人生って難しい・・・

 

しかし「しない苦しみより、した苦しみの方が後悔しない」と気付いてからは行動力が格段に向上。

 

あらゆる恋愛情報に手を出し脳に知識をぶっこみました。
(中には役に立たない失敗商材もありましたが・・・)

 

そして自分自身を磨き上げた結果として、彼女をゲット。婚約までできました。

 

仲野の友人も童貞歴が長かったのですが、諦めずに恋愛スキルを身に付けるために脳ミソを鍛えた結果、今では彼女ができ週3日で彼女の家から通勤しているそうです。

 

夜が何より楽しいとのこと。
仕事もあるのに元気ですよね。

 

では今回は以上です。
少しでも参考になれば嬉しいです。最後までありがとうございました。

TOPに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事