婚約破棄から復活~1ヶ月で彼女を作った流れ~

 

別れがあれば出会いもある。
余白ができれば、そこに新しいものが入ってくるものですね。

 

婚約破棄をして心に大きな穴が空きましたが、新たな出会いが空いた穴を埋めてくれました。

 

新しい彼女ができました。

 

活動期間としては1ヶ月。
本気で行動しました。

 

彼女を作りたかったら短期決戦です。
だらだらと闇雲にデートしていては彼女なんてできませんからね。

 

ノープランでデートするのは、雨予報なのに傘を持たずに出掛けるぐらい危険なことです。

 

デートでも必要なのは事前の準備です。

  • 連絡対応
  • デートプラン
  • 会話内容、会話展開
  • ボディタッチ
  • クロージング

 

会う前から勝負は始まっていて、会う前の戦略でほぼすべてが決まります。

 

仲野は決まっているシナリオを一つずつ淡々とこなしていったことで、1ヶ月で彼女を作ることができました。

 

では、ここからは実際に1ヶ月で彼女を作った流れを具体的に紹介していきます。

 

仲野が彼女を作った流れ

1日目:マッチングアプリに登録

仲野は婚活目的だったのでペアーズに登録。
(参照:ペアーズの戦略

 

登録直後は女性ユーザーから注目が集まるので、すぐに写真、自己紹介文を更新し、プロフィールを完璧に仕上げます。
一切の手抜きはなしです。

 

(目的に合わせたマッチングアプリを使わないと、あなただけでなく女性も不幸になるので遊び目的ならティンダー、恋人を作りたいならwithなど目的に合ったマッチングアプリに登録しましょう。)

 

3日目:100いいね獲得

いいね数を稼ぐために足跡活動。
また、登録直後からプロフィールを完璧にしておいた成果もあり、3日で100いいね集まりました。

 

そして、100いいねが集まってからは気になる女性にアタック開始です。

 

4~7日目:気になる女性20人とマッチング

簡単な挨拶などメッセージのやり取り。
全員とメッセージが続くわけではないので、10人程に絞られてきます。

 

 

7~14日目:ペアーズからラインへ

ペアーズ上のメッセージで印象が良かった5人の女性とライン交換。
ラインでデートの日程を調整します。

 

14~28日目:初回ランチデートの約束5人

1人目:29歳動物看護士
新宿:ステーキ&ワイン 371BAR

 

2人目26歳ネイリスト
東京:RIGOLETTO WINE AND BAR

 

3人目30歳遊園地職員
池袋:本と珈琲 梟書茶房

 

4人目29歳薬剤師
新宿:セストセンソ 新宿高島屋店

 

5人目28歳保育士
新宿:ドタキャン

 

デートの約束をしてもドタキャンされることはあります。
悲しい・・・
縁が無かっただけで他にも女性はいます。(切り替え大切)

 

30日目:レストランでディナー1人

ランチデートした際にまた会いたいと思った女性は1人でした。
ランチした際にディナーの約束をしておきます。

 

初回デートで仲良くなっているので、2回目のデートでは過去の恋愛話など深い会話を展開。
より親密に。

 

良い雰囲気になってきたので「マッチングアプリやめて付き合おっか」と一言。

 

ディナー中に恋人になりました。

 

そしてその日のうちにラブホで合体。
2回目のデートでゴールインです。無事彼女の穴に入りました。

 

スピード勝負

本気で彼女を作りたいならやはり短期決戦です。
特にマッチングアプリには多くのライバル男性がいるので、時間をかけることはマイナスに働きます。

 

決断力がない、誘ってこない、勇気がない、優柔不断な男性だと女性に判断されてしまいます。

 

時間をかけて誠実さをアピールしたい気持ちも分かりますが、リスクを取って攻める男性の方が多くのチャンスを掴んでます。

 

多くの男性は嫌われることを恐れて踏み込んだ行動をしませんが、リスクのない所にリターンはありません。

 

デートに誘う、手をつなぐ、名前を呼び捨てで呼ぶ、ホテルに誘うなど、一歩踏み込んだ行動も必要です。

 

1か月おきのデートは間隔が空き過ぎますし、4回も5回もデートしてるのに手を繋ごうとしない、ホテルにも誘わない、ただダラダラデートしてるだけだと女性の気持ちも下がっていきます。

 

チャンスがあるのに誘わない。
これは大きな減点対象です。

 

頼りがいのない、仕掛けない、チャレンジしない男性は魅力に欠けます。

 

彼女を作るための期間

スピード感としては、1ヶ月に3回のデート。
もしくは2、3週間で2回のデート。

 

初回はランチ。
仲良くなることを目的にして、軽いスキンシップも狙います。
ハイタッチやグータッチ、出来たら手は繋いでおきたい。

 

そして翌週に2回目のデートでディナー。
過去の恋愛話などより深い会話を展開。雰囲気が良ければそのままホテルを目指します。

 

これぐらいのスピード感が必要です。

 

2回目で距離が縮まらなければ、3回目。
間隔は開けない方が良いので翌週か翌々週で調整します。
いずれにしても3回目のデートでは勝負に出ましょう。

 

 

ちなみに仲野がこんなに上手くできたのは、デートの教科書に書いてあるシナリオのおかげです。
具体的な行動指針が書いてあるので気になる方は是非チェックしてみてください。

 

余談ですが彼女と出会って2ヶ月、バリアンのポイントスタンプも5個貯まり、ペア宿泊券ゲットです。

ペア宿泊券は伊豆にある「森と湖の温泉リゾート アンダの森」
スタンプは宿泊ではなく休憩でも1個押してもらえるので、5回休憩するだけでペアの宿泊券が貰えるなんてお得です。

 

最後に

生きていると失敗はつきものですよね。

 

良かれと思ってやったことが相手を傷つけることもあるし、デートできたとしてもその後音信不通になることもあります。ドタキャンされることもあります。

 

しかしその中で上手くいくこともあります。
仲野は失敗を恐れずに行動したことで、新たな幸せのかたちをつかむことができました。

 

失恋しても失敗しても婚約破棄しても、諦めない限り、絶望しない限り、あらゆる挫折経験や失敗体験は、未来の幸福への布石となってくれます。

 

だからあなたもどうか、自分の可能性と未来を信じて、是非前向きに進んでください。

 

では今回は以上です。
最後までありがとうございました。

TOPに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事