メッセージ対応!ここを制すればいざデート!

 

どうも、ペアーズでマッチングしても何故か応答がない、メッセージが途絶えることが日常茶飯事だった仲野です。

 

マッチングしたからメッセージを送ったのに応答がないという謎の現象。
でもよくよく考えると、女性は色々な男性から毎日のようにアプローチが来るんですよね。

 

当時の仲野はいいね数が5未満のザコだったので、魅力が低く、女性からしたら優先順位が低い状態だったのです。
魅力が低いため埋もれてしまい、メッセージが返ってこないのは必然でした。

 

そんな5未満の仲野だったんですけどね、
マッチングして連絡が返ってきたら「オレの事が気になっているんだ」「もしかしてオレのこと好きなのでは」と思ってました。とんだ勘違い野郎ですよね。

 

なので返信が来たらすぐに返したり、聞かれてもないのに今日の出来事を日記のように送ったり。

 

これから解説もしていきますが、最悪なメッセージ対応ばかりしていたのです。
せっかくマッチングしても、メッセージ対応が悪ければ次に繋がりません。

 

女性と出会えることもないのです。
実際に会うためにもメッセージ対応の基礎は身に付けておかなければいけません。
そこで今回はメッセージ対応について話していきます。

  1. 商品の広告を作る。(プロフィール作成)
  2. 作った広告を配る。(ネット上にアップ、足跡をつける)
  3. 問い合わせが入れば対応。(メッセージで信頼関係を作る)←ココ
  4. 販売する。(実際に会う)

 

ここをしっかりとおさえれば、後は実際に会うだけです。
逆にメッセージ対応が悪ければ女性に会えることもありません。あと一歩のところで脱落です。

 

メッセージ対応でミスをして脱落していく男性も多いので、基本をしっかりとおさえておきましょう。
基本をおさえることで、実際に女性と会ってデートをする確率は大幅に上がりますよ。

 

メッセージ対応の基本

メッセージ対応で一番重要な最低限のこと、それは女性に合わせるということです。

 

女性の隣を一緒に歩くイメージです。
ダッシュして先をいき過ぎてはいけませんし、タラタラ歩いて後ろを歩き過ぎてもいけません。
女性に合わせて隣を歩くのです。

 

人間は一緒にいる人と自分の感覚、感性が似ていると思うと、なんだか居心地が良いと感じる生き物です。

 

「これ面白い」「これ楽しい」「これ美味しい」
こう思ったときに一緒にいる人も同じ反応をしていたらホッとしてもっと一緒にいたいと思います。ツボが同じ、相性が合うということですね。

 

メッセージ対応でも女性に合わせることで、「なんかいいな」と思ってもらえるのです。

 

もし女性に合わせないで自分勝手に動いていると、「なんか疲れるしもう関わるのはやめておこう」と思われてしまいます。

 

嫌なことがあってテンションが低い時に、隣でテンション高めで「イエーイ!フォー!」と言ってバカ騒ぎしている人がいたら鬱陶しいと思いますよね。

 

反対に楽しくてテンションが高い時に、一緒にいる友達がボソボソ暗い顔していたら「あれ?!ちょっと違うな」と思いますよね。

 

つまり相手に合わせないで自分の感情のままでいると、相手のテンションと違った時になんか違うなと思われるのです。

 

人間は一緒にいる相手と感覚が似ていると思うと心地よいと感じるので、メッセージ対応でも女性の反応に合わせることは大切なのです。

 

メッセージ対応において、具体的に言うと

  • 返信ペースは女性に合わせる
  • メッセージの文章量、文脈は女性に合わせる
  • 女性の価値観や恋愛観に合わせる

最低限このことを守ることは基本になります。

 

女性に合わせずに仲野のように自分の都合だけで、すぐに会いたいオーラを出したり、気が向いたときに今日の出来事日記を送ったりしていると、女性の感性、感覚とずれが生じ距離をとられてしまいます。
あの既読スルー、未読スルーという現象が起こってしまうので注意してくださいね。

 

では一つずつ見ていきます。

 

返信ペースは女性に合わせる

返信ペースは女性と同じくらいか、少し遅いぐらいが丁度いいです。
ガツガツしている感じを出さずに、余裕のある感じを出すのです。

 

例えば、メッセージをした後に女性から6時間後に返事がきたとしたら、6.7時間後に返信するといいでしょう。

 

30分ですぐに返事をしてしまうと余裕のなさが出てしまいますし、1日後に返事をしてしまっては女性の気持ちが冷めてしまい女性に合わせているとは言えません。

 

もちろん仕事の都合などで返事が遅くなることはあるかもしれませんが、できる範囲で女性のペースに合わせることが大切です。

 

早すぎても、遅すぎてもいけません。
やり取りをしていく中で女性のペースに合わせていきましょう。

 

メッセージの文章量、文脈は女性に合わせる

文章量、文脈も女性に合わせます。

 

例えば、3行のメッセージに対しては2,3行で返すことです。
1行で返すのは少ないし、10行で返すのは多すぎです。差がありすぎると女性はやりずらさを感じます。

 

また、短文をポンポン送る女性や、長文を一つにまとめて送るなど、女性によってやり方は違います。
こういう細かいところも合わせることで、女性は違和感を感じることなくメッセージができるようになります。

 

女性の価値観や恋愛観に合わせる

女性の価値観や恋愛観は様々です。
専業主婦になりたい女性もいれば、仕事が好きで続けたいと思う女性もいます。
恋人との連絡は、毎日何回も連絡が欲しい女性もいれば、1日1回あれば十分と思う女性もいます。

 

価値観が違う人と一緒にいても疲れますし、恋愛観が違う人と付き合っても上手くいきません。
なので、女性はあなたと価値観や恋愛観が違うと感じると離れていきます。

 

反対に、女性の価値観や恋愛観と合えば「なんかいいかも」と思ってもらえます。

 

もしあなたと女性の価値観や恋愛観が違っていたとしても大丈夫です。
基本女性は受け身なので惚れた男性にはついていきますし、合わせようとしくれます。
好きになった人がタイプという女性が多いのはこのためです。

 

まだ実際に会ってもいないうちから、「なんか違うな」と思われては出会えるはずの女性とも出会えません。

 

女性に合わせることで最初のハードルを飛び越えることができるのです。

 

このように女性とメッセージする上では、返信ペースやメッセージの文章量、文脈、女性の価値観や恋愛観に合わせることで、女性は「なんか違うな」という違和感を感じることなく、スムーズにやり取りができるようになるのです。

 

メッセージを送る目的はデートの約束

マッチングアプリでの一つのゴールは実際に女性と会うことです。

 

実際に会うことができなければ、いいねを貰えてもメッセージのやり取りができたとしても、今までの努力は台無しになってしまいます。

 

ただ目的もなくダラダラとメッセージのやり取りをしていては、時間の無駄になってしまいます。
女性と楽しくメッセージのやり取りをすることが目的ではないはずです。実際に会ってデートをすることが第一の目標ですよね。

 

なのでメッセージを送るうえでは、常に「デートの約束」というゴールを意識しておくことが大切です。
「デートの約束」というゴールに向かうために何を送るか考えておくのです。

 

ここでの注意はまだ女性と仲良くなっていないのに、いきなりデートに誘ってはいけません。
デートに誘うときは、あなたの好意と相手女性の好意レベルが同等になった時です。
ここでも女性に合わせます。

 

マッチングしたばかりの段階では女性は、「実際この人はどういう人なのだろう」「私と相性合うのだろうか」など疑問をもっています。
マッチングしたからといってあなたに対する好意が高いわけではありません。

 

もし女性の好意に合わせずに、あなたがどんどんメッセージを送ったり、すぐに会いたいオーラを出した場合

「え?!展開早いな。。」
「私はまだそんなつもりないんだけど。。。」
「この人重いな。。」

とあなたに対する好意はどんどん下がっていきます。

 

外見レベルが高く女性のタイプにドンピシャではない限り、最初はあなたに対する好意は高くないのが普通であると認識しておきましょう。

 

なので、デートの約束といういきなりハードルが高いものを狙うのではなく、もっと低いものから狙います。

「来週の金曜日食事でもどうですか」といきなりデートに誘うのではなく、「今度、食事でも行けたらいいですね」などデートを匂わす発言をまずはするのです。

 

「今度」と言うことでハードルを下げます。
ハードルの低いものから少しずつ超えていくことです。

 

マッチングしてからの具体的な流れ

まずは簡単な挨拶から。
これは誰しもがやっていると思います。

 

次の段階では女性のプロフィール写真の印象を伝えるといいでしょう。
女性は占いが好きであるように自分がどう思われているのか、どう見られているのかとても関心を持っています。

 

なのでそこを教えてあげるのです。
女性が知りたいと思っていることを教えてあげることで女性との距離が縮まります。

 

さらに、他の写真やコミュニティの話題で数通。
この時タイミングを見てお互い下の名前を教え呼び合い、敬語を外してタメ口にシフトしましょう。

 

ここまで手順を踏んだところでLINE交換の提案。
LINE交換ができたら、仕事の話や恋愛の話など深い話を展開し、デートを匂わせます。

 

デートを匂わせた時に、女性の反応がよければ本格的にデートに誘います。
前回話したあなたに興味をもった〇だけの女性を相手にすることで、このステップでほぼ確実に出会えることが可能です。

 

簡単な挨拶→相手の印象→相手の写真やコミュニティの話題、名前で呼ぶ、タメ口にシフト→LINE交換→深い話題→デートを匂わす発言→本格的にデートに誘う
このように徐々にハードルを上げていくのです。

 

女性のペースに合わせることで違和感なくメッセージができるようになり、徐々にハードルを上げていくことで実際に女性に合える可能性は大幅に上がります。

 

プロフィールを魅力的なものに仕上げ、女性との接点をできるだけ増やし、メッセージ対応を適切にやれば、案外簡単に女性と出会えるのです。

 

最後に

自分自身を信じてみるだけでいい。
きっと、生きる道が見えてくる。

~ゲーテ~

「やればできる子」
そう信じだした仲野は、素人童貞から美女と付き合えるまでに進化できました。

 

「無理だ」と諦めていたら現在の日常はありません。
まずは自分自信を信じることからスタートです。

 

そして信じることができれば、あとは行動に移すだけです。

 

今まで紹介してきたように

  1. 商品の広告を作る。(プロフィール作成)
  2. 作った広告を配る。(ネット上にアップ、足跡をつける)
  3. 問い合わせが入れば対応。(メッセージで信頼関係を作る)
  4. 販売する。(実際に会う)

 

この手順を①から順番に踏むことで、女性と会ってデートをすることができます。
デートまでこぎつければ彼女ができるのは時間の問題です。
(参考:デートの教科書

 

彼女ができないのは外見が問題なのではなくて、女性と接する時の心構えや態度、会話内容やデート時の言動など内面によるものがほとんどです。

 

内面を鍛え、出会いを増やすせば彼女ができなくて悩むことはなくなります。

 

一つずつ身に付けていくことで、ピチピチの彼女と映画観に行ったり遊園地に行ったりする日常は当たり前になるので、諦めずに前進していきましょう。

 

では最後までありがとうございました。

 

TOPに戻る

スポンサーリンク
おすすめの記事