いい人=モテない人。野菜男君のままではモテない未来へまっしぐら

 

どうも、会社の同期に告白して見事に撃沈したことがある仲野です。

 

「好きです!付き合ってください!」
と海浜公園のベンチで告白しましたが、

 

「え?!そんな風に見てなかった」「仲野君は良い同期」と言われました。

 

おかしいですよね。
だって休日に二人で水族館に行ったし、映画も見に行ったんですよ。ドライブで鰻も食べに行きました。

 

でもよくよく考えたら当たり前なんですよね。

 

  • お互いタメ語で喋ってたけど、呼ぶときは田中さんと苗字で呼ぶ。
  • 当たり障りのない会話しかせず、深い話をしていない。
  • 手を繋ぐなどのボディタッチも皆無。

・・・などなど。

 

男性として一歩踏み込んだ行動を何もしていなかったのです。
これではフラれても当たり前です。

 

フラれてからは同期会の時にだけ会うただの同期に戻りました。
普通に話しますが未だに気まずい。。。

 

いい人=モテない野菜男君へまっしぐら


彼女が欲しいのに「いい人」「優しい人」だけの人になってはいけません。

 

なぜなら、嫌われることはないけど、好かれることもないからです。
恋人関係にはなれないとうことです。

 

仲野は女性からよく

「いい人だよね!」
「優しいよね!」
「野菜男君だよね!」
「真面目だよね!」

と言われてました。

(初めて「野菜男君だよね!」って言われたときは驚きました。意味わからないですよね??どうやら野菜男君は、害のない草食系男子ってことみたいです。トホホ)

 

まあ簡単にいうと、友達止まり、いい人止まりのモテない男でした。
同期にとって仲野はまさにこれ。

 

デートできたとても、その後は恋人関係には発展せず、結果友達止まりや音信不通になっていくという。。。

 

社会人になっても「年齢=彼女がいない歴」という悲惨な状態です。(;・∀・)
これはあることに気付いていなかったから、こういう状況になっていたのです。

 

それは、

嫌われる可能性があるけど、やらないと彼女はできない行動が存在する

ということです。
(これはかなり重要なことですよ。)

 

この嫌われる可能性がある行動をしない人が、結局いい人止まりの野菜男君になっていくのです。

 

嫌われることはないけど、好意を持たれることもない。
彼女ができない野菜男君の完成です。

 

仲野はこの事実にずっと気付かないままでした。野菜男君歴25年(=゚ω゚)ノドヤッ
だから彼女もできなかったという。。。

 

女性に嫌われるのを恐れていたら、いつまでも害のない無農薬の野菜男君のままです。
彼女が欲しいと思うなら害のない野菜男君から卒業しないといけません。

 

卒業後は

ある程度のリスクを取らなければ、リターンもないということです。
この事実に気付いたら、あとは正しい処方箋通りに行動するだけです。

 

ちなみにこの嫌われるかもしれないけど、やらなければいけない行動のなかに、
「タメ口で話す」「名前を呼び捨で呼ぶ」
というのがあります。

(もちろん初対面で急にしてはいけません。正しい手順があるので注意してください。)

(関連記事;デートでタメ語、下の名前で呼んでいいの?

 

嫌われる可能性があるけど、やらないといけない行動が存在するということを知っただけでも大きく前進です。
可愛い彼女と手を繋いで一緒に歩く未来は近づいてきていますよ。

 

諦めずにどんどんレベルアップしていきましょうね。
仲野のブログを読んでくれてる方は真面目で優しい方が多いので、仲野はそんなあなたを全力で応援させて頂きます。

 

TOPに戻る

おすすめの記事